ビジネスブログ | 堺市・泉北地域の外構・造園・エクステリア工事専門店 西川技建です。

外庭
  • お問合せフォーム
  • 代表ブログ
  • Facebook
  • You Tube
ブログ
2017年09月25日 [外構 大阪府堺市]
9月に入ったと思えば もう25日・・・今年も残り 3か月ちょっとですね(;^ω^)季節の変わり目、体調管理に少しだけ注意が必要です(^^)/さてさて最近の 西川技建・外庭のご依頼状況は相変わらず ご紹介戴くことが多いのですがホームページからの問い合わせが増えてきまして代表の西川、更に日々、現調と打ち合わせ、プランニングに見積もり工事をさせて頂くお家のご近所さんに挨拶回り・・・等々現場作業以外の仕事が増えたこともありなかなか現場で腕を振るう機会が少なくなってきました・・・時間を見つけては 少しでも現場で作業をしたいと思っていますので職方さんに任せている現場以外のメンテナンスや補修工事なんかは西川自ら伺う事にしています(*´▽`*)ごくたまーに 職方さんに混ざって 汗を流すこともあるんですがその時の職方さんとの何気ない会話の中に面白いやり取りがあったので シェアします(^^)/西川自身は 起業当時、孫請けからスタートした外構屋でした・・・元請けが有って 下請けが有って 西川技建・・・みたいな立ち位置ですお客さんの顔なんて見ることなく 渡された図面の通り工事をこなすだけでしたね・・・今となってはその部分が疑問点となり、元請けの立ち位置に代わるきっかけになったのですがその部分は またどこかで記すとします。っとまあ そんな時代があったのでいつか お客さんと直接対話して工事がしたいという意識は 強かったと思います。そうなるためにはどうすればいいのか? 中身のある仕事を 孫請けという位置付けの中にいても しっかりとしていました。中身というのは 孫請けとのなれば 工事の予算がかなり圧迫されていますがそんな中でも 絶対に手を抜かず ズルはしなかった事です!予算が無いから 手を抜かないと 赤字になってしまうのだと・・・当時同じ立ち位置で仕事をしていた同業者さん達は言ってましたね・・・ちなみにその同業者さんの一人は廃業したらしくもう一人は相変わらず同じ立ち位置で 色んな業者を渡り歩いているみたいです・・・話がが飛びましたが先日 外庭の仕事を担当してもらっている 職方さんと一緒に現場で仕事をしましたその時 彼が言った一言を シェアしたかったんですよね(^_-)-☆彼は こう言いました。「西川技建や外庭に外構工事を依頼したお客さんは  ホンマにラッキーですよね!」 私自身も 身内からこんな言葉をかけてもらえると思っていませんでしたが、彼自身も若いころから色んな現場を見てきた中で 出た言葉だったんだなと思いました。少しだけ手間をかけてあげるだけで 中身のある工事ができます。逆に 少し手を抜けば 同じものを作っても少し時間がたてば傾いたり 亀裂がはいったりと その場しのぎの工事になってしまいます。私は好きな仕事をさせてもらいながら 毎日ご飯が食べれています。良い事ばかりじゃありませんでしたが 大好きな仕事には 嘘をつきたくありません。やっていこうと決めたことに対して この部分だけは起業当初からブレずにやってきました(*´▽`*)それと同時に お客さんが気づく前に 職方さんに気づいてもらって一安心!外庭も次のステージに進むことができました(^^)/私は職方さんに 「そやな、ラッキーやな」と笑いながら返しました。今週も 現場調査に順次 お伺いさせていただきます。 ヽ(^o^)丿

PageTop