施工事例|新築の庭・外構|堺市東区 K様邸

道路との高低差のない素敵な外構に!

依頼者

〔ご依頼内容〕

家庭菜園のスペースと
車4台分の駐車場がほしい!

参考費用
250万円(実働:約20日) 外構

施工

未完成の外庭(西川技建)HPからお問い合わせくださったという、奇跡的なご縁をいただいた堺市東区のK様。ご覧の通りの高低差が特徴的で、何よりも気になるのが大量の残土(^_^;)残土の行方はいかに???
ご主人様が自らイメージしたプランを汲み取りながら、私たちが着色してご家族と一緒になって造る外構工事ですヽ(*´∀`)ノ

とにかく掘って掘って掘って…丸2日かけて残土を搬出しました!外庭は土木工事も得意なので、スムーズに隙取り作業を進めますよ〜!

しっかりと配筋を施した型枠に、生コンを打設したブロックベースを設置。その上に玄関アプローチ階段の袖壁も兼ねた家庭菜園の土止めを施し、階段タイルの割り付けを考慮して組積みます!

化粧型枠ブロックを使用していますが、土を埋め戻す内側には(頼まれてもいない)モルタルを塗りつけていきます。水抜きを設けてはいるものの、家庭菜園の際に出る水分が表面のブロックに染み出てくることを防ぐためです。

土の埋め戻しをする際には、30cmごとにランマーで細かく転圧をかけていきます。階段の下地を造る時も、転圧をしっかりと1段ずつ細かくかけながらブロックを積み上げます。工事で一番重要なポイントが転圧なんです。この作業を怠ると、ブロック塀が傾いたり土間が沈んだりする原因になるので!しっかりと叩き込んだ路盤に階段の下地を作れば、タイルにひび割れなどが入ることはまずありません(´∀`)

階段前の乱形石は、機械を一切使用しない完全手割りです。石工に代々伝承された貼り方なんですよ。階段の袖壁にも、同じ天然石を貼り付けていきます!
玄関ポーチ前のアプローチには、奥様がガーデニングを楽しめるようビンテージウッド調の平板とインド産斑岩を敷き込みました。自然石ならではの優しい質感を演出してくれます。

砕石を敷き込み、転圧をかけてコンクリートの止め枠を設置!1回目の打設は金鏝押さえで仕上げ、2回目の打設で生コン洗い出しを仕上げます。角地なので道路の傾斜に合わせなければなりません。一部、土間勾配がきつくなりますので、化粧砂利スリットを入れて洗い出しにすることでスリップ防止効果も得られますヽ(´▽`)/ 

完成

家庭菜園スペースと、表に車3台、側面に車1台が駐車できるスペース。必須条件をクリアした外構工事の完成ですヽ(´▽`)/
目的に合わせて、可能な限り希望を汲み取りながら、お客様と外庭(西川技建)が信頼関係を築き、一緒になって造った外構は感慨深いものになります。とってもアクティブなK様ご夫婦。今後DIYも楽しめるよう、難しい部分は私たちが造っています。住まいを自分たちで作り上げるってステキですよねヽ(*´∀`)ノ

お客様の声